キシシタの想い 施工実績 施工パターン ご依頼の流れ 会社概要 お客様の声 よくある質問

香川県で外構工事、エクステリア工事、住宅リフォーム、外壁・床や水まわりのタイル工事をお考えなら、高松市のエクステリアキシシタにお任せください。

 エクステリア(外構)工事でできること  〜駐車スペースを使いやすく快適に〜

5016827_m

家の駐車スペースなどが土のままだと、雨の日にぬかるんだり、水たまりができたり・・・足元や車の中が汚れて、大変ですよね。

それを解消する方法をいくつか紹介したいと思います。


まず最初に思い浮かぶのは、コンクリートですね。標準的で最も人気があります。

理由はやはり、手入れがしやすくて耐久性が高いということ、スッキリとした印象になり、デザインの選択肢も多いという事があげられます。

雨の日でも土で靴や車が汚れる心配もありません。

(コンクリートよりもコストは上がりますが、デザイン性を重視するのであれば、駐車スペースに使用できるタイルや乱形石、乱形レンガなどと組み合わせたりすることもできます。)

新築外構2修正

↑土間コンクリート施工事例
 (目地は人工芝)
高松市M様邸3 - コピー / / / / / / / / / /

↑土間コンクリート施工例
 (目地は砕石)

image1-1

↑ 土間コンクリート・乱形石貼り・砂利敷き 施工例
   
コンクリートは気温や湿気に応じて伸縮するため、ひび割れ防止のために必ず目地を入れます。目地は、砕石を入れたり、リュウノヒゲ、芝生などを植えたり、レンガやピンコロ石を入れたり、伸縮目地にしたりします。



コンクリートではない方法で、コストダウンしたい・・・
という場合は、砕石を敷くという方法もあります。
(※砕石とは・・・天然石を粉砕機等で人工的に小さく砕いたもの。)

ただ、タイヤで同じところを踏むので、その部分が沈み薄くなって土が出てきたりします。そんな場合は砕石をならしたり、補充したりする必要場あります。

また、雑草が生えてきたり、ヒールの靴で歩きにくいというデメリットもありますが、、コンクリートと違って、駐車場を別の用途に変えやすいというメリットもあります。


main_img

コストダウンしたいけど、砕石敷きはちょっと・・・
という方は、オートマットという商品を使用する方法もあります。

この商品は、車のバンパーからのリサイクル樹脂を原料に使用した、環境に優しいマットで、錆、汚れに強く、ハニカム構造により、4tまでの荷重に耐えられます。

色は黒と白、2色のみとなっています。

地面を平らにならしたところへ設置していきます。凹凸ジョイント結合で簡単に設置可能な商品です。


img08

←駐車場に施工した事例



← 家の横や裏の通路に施工した事例


以上、「エクステリア(外構)工事でできること」〜駐車スペースを使いやすく快適に〜についてご紹介しました。
わからないことや、ご相談がありましたら、お気軽にご連絡ください!

電話でお問合せ:フリーダイヤル0120-93-4568 
 
メールでお問合せはこちらから。





〒761-0122
香川県高松市牟礼町大町
1392番地2
フリーダイヤル
0120-93-4568
TEL:087-845-9672
FAX:087-845-3192
 
Copyright 2020 EXTERIOR KISHISHITA